記事詳細

【2020輝く女】周囲をパっと明るくする岡田結実「やりたいコトあり過ぎます!」 急激に“オトナ感”出てきた本田望結は「仕事もスケートも楽しみたい」

 「バラエティーもドラマも全部好きなので、どちらかを選ぶというのはできないです。お芝居ではたとえ脇役でも輝ける役者になりたいです」

 1月24日から始まる金曜ナイトドラマ「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日系)に主演。バラエティーもレギュラー4本、ゲスト出演多数で絶好調だ。

 今年の4月にはいよいよ20歳となる。

 「お酒って想像できないんですけど、最初に飲むならフルーツカクテルみたいのがいいのかな」

 やりたいこと、挑戦したいことはなに?

 「コスメが好きなんです。きれいになりたい、かわいくなりたいですね。あとは、小説を書いてみたい、海外にたくさん行きたい、やりたいことがあり過ぎます!」

 周囲をパっと明るくする売れっコ特有のオーラありだ。

 ■岡田結実(おかだ・ゆい) 2000年4月15日生まれ、19歳。大阪府出身。

 「自分の思うようにいかないこともあったけど、トータルで見たら、将来の自分にとっては意味があった、いろいろと学べました。今年はさらに前向きにいきます!」

 2019年のフィギュアスケート全国中学生体育大会では9位。上位入賞を逃したことが悔しかったという。ただ女優としては好調。

 「お芝居が楽しい。セリフを覚えるのも好き。4月からは高校生なので変化もあるけど、仕事もスケートも学校も全部楽しんでいきたい」

 この約1年半で身長が10センチ伸び160センチになったという。

 「膝に成長痛がありました。あと3センチぐらいは伸びてほしい。女優としてもアスリートとしても見せられる体作りもしていきたいです」

 急激にオトナ感が出てきた彼女。どんな活躍をするのか楽しみだ。

 ■本田望結(ほんだ・みゆ) 2004年6月1日生まれ、15歳。京都府出身。

関連ニュース