記事詳細

槇原敬之 警視庁が「2年前の所持」で逮捕に踏み切った背景 (1/3ページ)

 1990年代にミリオンセラーを連発、2000年代以降はSMAPに提供した『世界に一つだけの花』が累計300万枚超のヒットを記録するなど、作詞作曲家としても日本人に親しまれてきた槇原敬之容疑者(50)が、覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕された。警察発表によれば、2018年4月に覚せい剤、3月に危険ドラッグを所持していた疑いだという。危険ドラッグなど薬物犯罪について取材を続けているライターの森鷹久氏が、2018年の所持疑いで2020年に逮捕に至った背景と、前回の逮捕時に「今後は、絶対にこのような犯罪を起こさない」と約束してもなぜ、再犯してしまうのかについてレポートする。

 * * *

 まさに国民的歌手である槇原敬之の所属事務所社長・X氏が、覚せい剤取締法違反で逮捕されてからおよそ2年が経とうとしていた昨日、当局はついに"本丸"を撃った。

 「正直遅すぎたくらい。2年前から各社が張っていた港区の関係先から、結局ブツを持っていたという証拠が出てきた」

 テレビ局だけではない、新聞、週刊誌記者まで、港区の某タワーマンション前には、すでに2年前から代わる代わる"張っていた"記者の姿があった。そう語るのは大手民放キー局記者。警視庁組織対策5課、通称「組対5」による内偵調査は、実はこの時から始まっていたのだという。

 当時、公私ともに「パートナー」だったX氏が逮捕されたあと、槇原容疑者は東京・原宿の一等地に豪邸を購入。横浜や東京・南青山にも"居場所"を持ちつつ、原宿を拠点としながら精力的に音楽活動を続けていた。そして、誰もが知るところではあるが、槇原には「マエ」がある。

NEWSポストセブン

関連ニュース