記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】エロ本求め、遠くの町へ… 近所の本屋で「あんた、中学生やろ」 (2/2ページ)

 歩きだと知れている。そこは買って貰ったばかりの電子フラッシャー付き自転車だ。部屋で制服からふだん着に着替え、僕は出来る限り素性がバレない遠くの町へ、エロ本を買う気満々で出掛けた。その間、何軒も本屋を見つけたが、“まだだ、もうちょっと遠くだ”と、ペダルをこいだ。

 店の奥を覗くと、理想的なお婆さんが店番を任されている風な店を発見。そこで心臓バクバクいわせながら入手したエロ本がコレ(写真)。遠くに行き過ぎて、不安な夜道をひたすら走った哀愁旅の思い出の一冊なのである。

 ■みうら・じゅん 1958年2月、京都市生まれ。イラストレーター、漫画家。エッセイストとしても知られ、97年に「マイブーム」で新語・流行語大賞を受賞した。近著に『ラブノーマル白書』(文春文庫)、『みうらじゅんの松本清張ファンブック「清張地獄八景」』(文芸春秋)など。62歳の誕生日を記念した楽曲『男キッス』を配信中。

関連ニュース