記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】エンタメ業界全体を覆う“コロナショック” 写真集ロケ延期、TWICEドーム公演同行撮影も白紙状態 (2/2ページ)

 実は、今週開催予定だったK-POPの人気アイドルグループ、TWICEの東京ドーム公演で、同行撮影の相談をしていた。公演延期に伴い現段階で撮影も白紙状態だ。TWICEを取り仕切る主な韓国人スタッフたちは、韓国と日本の感染状況を見て、すでにアメリカへ業務拠点を移しているようで、この先、来日してくれるのかも定かでなくなってきた。

 国内全域で深刻な状況だけに、身動きが取れないのはどこも一緒だと判断して、今週は静観し、先方から何らかの返答がくるのを待とうと思っている。

 ■高須基一朗(たかす・もといちろう) 出版プロデューサー。父・高須基仁の下で、数多くの有名芸能人のヘアヌード撮影の現場進行を経験。代表作には、アントニオ猪木『人生のホームレス』、ミス・ユニバース『食べるフィットネス』など。格闘技雑誌の編集長を経て、現在はスポーツコンテンツアプリSPAIA(スパイア)にて格闘技記事を執筆。

関連ニュース