記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】リモートの不安を払拭してくれた2人のゲストに乾杯! (2/2ページ)

 最初のゲストは昨年に「スナック100軒キャンペーン」という荒行を完遂した「夜の歌姫」ことKANAさんです。パソコン画面同士で乾杯してトークがスタートしました。夜の街で飲み、歌うKANAさんはスナックでの魅力は「ホルモンの大分泌!」と豪語します。さまざまな人たちと触れ合うことにより、女性ホルモンが活発に分泌されて現在の美しさを保っているのでしょう。

 「自粛中は分泌できないのが辛い」と嘆いていて、「晴れた日にはホルモン大分泌しますよ!」と約束してくれました。

 そしてもう1人のゲストが、若干30歳の演歌界の若きホープでベビーフェイスな真田ナオキくんでした。真田くんの師匠はあの吉幾三さんです。2人の師弟間のエピソードトークが最高。真田くんの新曲「恵比寿」=写真=は恵比寿の街で恋をする男女のカップルの歌ですが、実はこの歌を作った吉さんが実際に恵比寿でお酒を飲んだときに思い浮かんでできた曲だというのです。

 吉さんが若い女性と恵比寿で飲んでできた歌なのかと聞いたら「違うんです。この日、師匠は山本譲二さんと2人で恵比寿で飲んでいてこの曲ができたそうなんです。なので歌は男女の歌ですが、実際は吉さんと譲二さんのカップルの歌なんですよ!」と爆笑エピソードを披露してくれました。

 私のリモートの不安を吹き飛ばしてくれた2人のゲストに乾杯です!

 ■玉袋筋太郎(たまぶくろ・すじたろう) お笑い芸人。1967年6月22日生まれ。東京都新宿区出身。86年にビートたけしに弟子入り。TBSラジオ「たまむすび」(金曜)、TOKYO MX「バラいろダンディ」(火曜)にレギュラー出演中。2013年から一般社団法人全日本スナック連盟会長。著書に「スナックあるある この素晴らしき魑魅魍魎の世界」(講談社)、「スナックの歩き方」(イースト新書)など。