記事詳細

「自殺まで追い込むぞ!」 鳴り止まない岡村隆史への脅迫電話 常軌を逸した叩かれ方は終わりが来るのか (2/4ページ)

 矢部の公開説教の仕掛け人は、オールナイトニッポンのチーフプロデューサーと、岡村本人だったと言います。

 「通常本番中は岡村さんの対面席に放送作家が陣取っているわけですが、番組は岡村さん一人で回してます。謝罪する当事者が番組進行するのもちょっと無理がありますから、潤滑油的な人物があの場にどうしても必要だった。岡村さんと言えば以前、メンタルをこじらせて休業していた時期がありましたよね。当時は矢部くんも相当不安だったと思うのですが、愚痴ひとつこぼさず岡村さんが戻ってくるのを気長に待ち続けました。困った時の矢部くんではないですけど、あの難しい謝罪の場を緊張感を持ちながらまとめ上げ、かつ岡村さんを上手にケアまでした彼は結果論として、称賛に値するのではないかと。見事に大役を果たし、キャスティングは大成功だったと思いますし、彼がいなければあの状況を乗り越えるのは難しかったかもしれません。岡村さん的にはまた一つ、矢部くんに借りを作ってしまいましたけどね」

 たしかに矢部のサプライズ出演は効果テキメンで、至るところから立ち回りの器用さを評価され、強い印象を残すことができました。また、二人が生々しいほど本音をぶつけ合っていたことも、リスナーの心を揺さぶって「もう二度と失礼なこと言うなよ!」で一件落着となるはずでしたが…。

 参考記事:【写真あり】下着見えてない? 加藤紗里、子供との2ショットがやたらセクシー!【過激!】

 「鳴り止みませんね、批判の声が。今回の岡村叩きでリーダーとなって動いている女性がいらして、その方がツイッターでハッシュタグ「#岡村学べ」を作ったり、署名運動を起こしたりされてるのですが…。抗議の電話は吉本にも及んでいるそうで、社員はかなり参ってる状態。なぜこんなに大きな騒動になってしまったのか考えてみたんですけど、事務所の初動が間違っていたと言うのが1つの原因としてあると思ってます」

 そう話すのは、天然素材時代からナインティナインをよく知る、お笑い系のベテラン放送作家。

TABLO

関連ニュース