記事詳細

【玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝】コロナ以前に帰れる日を願って…「スナック玉ちゃん」も新しい生活様式 (2/2ページ)

 お店にはカラオケを歌うステージがあるのですが、第1段階の営業ではお預けとなります。

 その代わりといってはなんですが、お客さまと山手線ゲームやら大喜利、ビンゴ大会などで楽しんでもらおうと思っています。雨の日の室内レクリエーションと思っていただけたら幸いです。

 なお、スナック玉ちゃん赤坂店には芸人のスタッフがいるので、こういう和むようなゲームをトークで回すのが得意。段階的にではありますが、こんな苦肉の策を第1段階として考えていますから、どんどん緩くなっていきコロナ以前のようなスナックに帰れる日を願って、実行しようと思います。

 コロナがすっかり去るという希望しかないのですが、この新しいスナック様式を何年後かに皆で「コロナの頃はよぅ~、スナックらしくないバカなことやっていたなあ~」と大爆笑できる日を待つしかないのです…。

 ■玉袋筋太郎(たまぶくろ・すじたろう) お笑い芸人。1967年6月22日生まれ。東京都新宿区出身。86年にビートたけしに弟子入り。TBSラジオ「たまむすび」(金曜)、TOKYO MX「バラいろダンディ」(火曜)にレギュラー出演中。2013年から一般社団法人全日本スナック連盟会長。著書に「スナックあるある この素晴らしき魑魅魍魎の世界」(講談社)、「スナックの歩き方」(イースト新書)など。

関連ニュース