記事詳細

佐々木希、インスタ“白紙謝罪”の意味は… 相方・児嶋はラジオで渡部に公開説教「人への思いやり、優しさ、愛がない」 (1/2ページ)

 複数女性との不倫発覚で活動を自粛したアンジャッシュの渡部建(47)をめぐり、今後のカギとなるべく2人が相次いで騒動に言及した。相方の児嶋一哉(47)は渡部のラジオ番組に代役出演し涙の“公開説教”。妻の女優、佐々木希(32)はインスタグラムで謝罪するも画像は“白紙”というイミシンな投稿だった。

 12日、J-WAVEのラジオ番組に代役で生出演した児嶋は冒頭から「笑えない、タチが悪い、気持ちが悪い…」と絶句。さらに「本当に大ばか。仕事もプライベートもうまくいって、天狗になっていた。勘違いしてたんですね」と糾弾すると、「人の痛みを感じることや思いやり、優しさ、愛がないから、こういうことになる」とも。

 渡部から謝罪の電話があったことも明かしたが「人間、簡単には変われない」と手厳しく、公開説教は10分間に及んだ。

 一方、佐々木も12日、インスタグラムで「この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません」と初めて言及。

 続けて「今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います」とつづったが、背景は写真の投稿はなく、真っ白だ。佐々木に対しては「あなたが謝る必要は全くない」といった書き込みも少なくない。同情も含めた「いいね!」を意味するハートマークは、54万件を超えている(13日午前10時現在)。

関連ニュース