記事詳細

いま最高に色っぽい!女優ランキング (1/2ページ)

 現在活躍している女優の中には、異性の心を引きつける“色気”のある女優も少なくありません。決して派手ではないのに、つい目で追ってしまう…。そんな彼女たちに憧れる女性も多いのではないでしょうか。そこで今回は、最高に色っぽいと思う女優について探ってみました。

 1位 深田恭子

 2位 壇蜜

 3位 真木よう子

 ⇒4位以降のランキング結果はこちら!

■1位は「深田恭子」!

 中学生のときにホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、芸能界入りした深田恭子。1998年に放送されたテレビドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ系)でHIVに感染した女子高校生を演じて大ブレイクしました。当時はふっくらとした印象でマシュマロのような二の腕がトレードマークだった彼女。37歳を迎えた現在は10~20代の頃よりも痩せてすっきりし、優しく柔らかなメイクにチェンジしたことで多くの同世代女性から支持されています。ぱっちりとした瞳に陶器のような美しい肌は昔から何一つ変わらず、ぽってりした唇がたまらなく色っぽいと感じる人が多数。“奇跡の37歳”と称される深田恭子が1位となりました。

■2位は「壇蜜」!

 グラビアタレント、女優として活躍する壇蜜。“エッチなお姉さん”を自称する彼女は、そのイメージの通り、しっとりとした落ち着いた色気が漂っています。そんな彼女は多くの資格を持っていることでも有名で、英語科教員免許、調理師免許、遺体衛生保全士資格などを保有。日本舞踊の師範でもあります。グラビアで見せたセクシーなきわどい衣装や言動とは対照的な資格の数々にギャップを感じる人が多数。品があり、どこか知性を感じさせる彼女の雰囲気にドキドキしてしまう人が多く、2位となりました。

gooランキング

関連ニュース