記事詳細

【宝田もなみ バイブスあがってる?】自分には理解できない性癖でも… 多様な表現が世界を豊かに (2/2ページ)

 私がいたクラスは表現なら何をしても良い、みたいなクラスだったので展示される作品は絵もあれば、彫刻もあるし、映像や音楽やパフォーマンスだったりもした。いろんな作品があるので、好きな作品もあれば、あんまり好きじゃないな、全然わからないな、という作品も当然ある。

 しかし、作った人の話をじっくり聞いたり、他の人の意見を聞いていくうちに、好みじゃないけど面白いなとか、そういうものの見方があるんだなという新たな発見ができたりする。

 高校生くらいの時は、とにかく自分が好きなものと嫌いなものを分けて作品も物事も考えがちだった。好きなものすらわからなかったあの頃は自分を知るためにそれで良かったのだけれど、本当に豊かな社会のためには自分が嫌いなものや苦手なものを受け入れることが大切だったりもする。多様な表現がこの世界にあることこそが重要だからだ。

 そのことに気付いてからは、どんなに自分が好きじゃない、どちらかといえば苦手な作品を見たとしても「自分は苦手だけれど、でもこの世界にこの作品がないよりあった方がいいな」と思うようにしている。

 それは性癖やAVでも同じことで、理解はできなくても存在していた方がいいことはきっとたくさんある。他人への欲望が絡んでくると怖い願望も含まれていたりしてどうしても頭ごなしに否定したくなってしまう部分もあるけれども、いろんな人の趣味嗜好がこの世界の多様性を担保しているんだなあと思うとなんだかちょっと優しい気持ちになれるのだ。

 ■宝田もなみ 1992年10月9日生まれ、東京都出身。AV女優。美術大学卒。中高教員免許、世界遺産検定3級保持。YouTube「オカルトもなぱいチャンネル」にて別名義、桃永ぱいんとしても活躍中。ビーダッシュプロモーション所属。

Twitter:https://twitter.com/monami_takarada

Instagram:https://www.instagram.com/monami_takarada

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCnbH6b2W1piHY-Ndz0zyElg

関連ニュース