記事詳細

【大人のTVプレビュー】誰が使っても名前思い出すパワーフレーズ ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~「柳沢慎吾」(BS朝日、17日午後6時) (1/2ページ)

 今、一番聞きたいあの人の言葉を、心の奥底から引き出す-。予定調和を一切排除し、聞く側と聞かれる側の真剣勝負をみせてくれるのが、この番組。今回のゲストは俳優の柳沢慎吾(58)。インタビュアーは同学年の編集者、舘野晴彦(58)だ。

 芸歴40年を数える柳沢だが、現代劇から時代劇まで独自の存在感で光る一方、バラエティー番組では芸人顔負けのハイテンションとパフォーマンスをみせている。

 今の若い人たちには、後者のイメージのほうが強いかもしれないが、オレンジ世代にとってはやはり『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)の西寺実の印象が強いのでは。筆者は関西出身のため、『ぎんざNOW!』(同)は見ておらず、『翔んだカップル』(フジテレビ系)で衝撃を受けた口です。

 番組では、今では信じられないような石立鉄男さんの豪快エピソード、仕事で悩んでいる柳沢に樹木希林さんがかけたある言葉、「お兄ちゃん」と慕っていた時代劇スター、松方弘樹さんの話などを披露する。

 柳沢のすごいところはキャッチーなフレーズをいくつも持っているところだ。「あばよ!」「いい夢見ろよ!」といった言葉は、誰が使っても柳沢を思い描いてしまう。

関連ニュース