記事詳細

【大人のTVプレビュー】血の気の多い猛者が“ジャンケンポン” 「『クイズ!脳ベルSHOW特別編 脳ベルプロレスリング』豪華レジェンドレスラー大集結」(BSフジ、27日午後7時) (1/2ページ)

 相変わらずとがっているのがBSフジの『クイズ!脳ベルSHOW』。本編でも、ただでさえなかなか首に鈴をつけにくいゲストばかりだが、特別編はそれがパワーアップするから大変だ。

 今回は、ゲストがプロレスのレジェンドばかり。越中詩郎(62)、小橋建太(53)、長州力(69)、蝶野正洋(57)、天龍源一郎(71)、藤原喜明(71)、船木誠勝(51)、武藤敬司(58)…。ここにリングアナの田中ケロ(62)、辻よしなりアナ(59)が加わる。

 全日本、新日本、Uインターの垣根を越えた顔ぶれにはため息が出る。いまやこの顔ぶれをそろえることができるのは、この番組だけではないだろうか。

 番組のテーマは、一昨年の特番『11時間テレビ』で初代TKJP王者に輝いた革命戦士、長州力が武藤敬司とタッグを組み、初の防衛戦に挑むというもの。

 TKJPとは、IWGPではない。みなさんご存じのゲーム「たたいてかぶってジャンケンポン(TKJP)」だ。これだけの顔ぶれがそろってTKJPで頂点を決めるのだから、世が世なら流血すらあってもおかしくないブッキングだろう。

関連ニュース