記事詳細

【大人のTVプレビュー】戦後の日本歌謡界彩った貴重な映像 「武田鉄矢の昭和は輝いていた『癒しのハーモニー!三大コーラスグループ』」(BSテレ東、2日、午後8時) (1/2ページ)

 番組は、戦後の昭和を優しい歌声で支えてきた3大コーラスグループ、ダークダックス、デューク・エイセス、ボニージャックスにスポットを当て、それぞれの足跡と特徴を紹介する。

 慶応大男声合唱団ワグネルソサエティのメンバーで結成されたダーク、早稲田大学グリークラブのメンバーだったボニー、そしてセミプロで結成されたデューク。

 最も多くオリジナルヒットを持っていたデュークはいまや解散し、一度もメンバー交代はなかったダークはメンバーの死去を経て“ゾウさん”こと遠山一(90)が唯一現役でステージに立っている。

 そして、今も現役として4人で活動しているのが“歌の伝道師”の異名をとるボニー。レパートリーは実に5000曲以上を誇る。まさにそれぞれのカラーで戦後の日本歌謡界を彩ってきた。