記事詳細

【五輪に負けるなスポーツ映画で熱くなれ】フィールド・オブ・ドリームス(1989年) 原作は人間の絆や夢を描いた小説「シューレス・ジョー」 (1/2ページ)

 本場アメリカで二刀流・大谷翔平が盛り上がっている。ベーブ・ルースをしのぐ活躍に、同じ日本人として鼻が高い。オリンピックの野球の歴史をひもとくと、1904年のセントルイス大会で初めて実施されたが、これは公開競技。

 日本は64年の東京大会で初参加。84年のロサンゼルス大会は金メダルだがこれも公開競技。正式種目は92年のバルセロナ五輪から2008年の北京大会まで。日本は1996年のアトランタ大会で銀、2004年のアテネ大会は銅で金メダルには手が届いていない。

 映画「フィールド・オブ・ドリームス」だが、原作はウィリアム・パトリック・キンセラの小説「シューレス・ジョー」で、人間の絆や夢を描いたファンタジー。

 邦題は当初、「とうもろこし畑のキャッチボール」と発表されたが、反対の声が上がり原題で通すことに。そのせいで台本の修正が間に合わなかったこともあったそう。

 シューレス・ジョーは1919年に起きたブラックソックス事件と呼ばれた八百長事件で、球界を永久追放された選手。試合でスパイクを脱ぎ靴下でプレーしたことでシューレスと異名がついた。

 ワールドシリーズで起きたこの事件。下馬評ではホワイトソックスがダントツだったが、ふたを開けると劣勢のレッズが5勝3敗で優勝した。この時に8人の選手が八百長をしたとされた。

関連ニュース