記事詳細

【大人のエンタメ】血中アルコール濃度0.05%で人生大逆転!? 映画「アナザーラウンド」9月3日公開 (2/2ページ)

 4人は説に従って0・05%のアルコール濃度まで酒を飲んで授業を行ってみた。するとこれまでにないユニークな授業に生徒は大喜びするが…。

 人生の大逆転を狙って非常識な授業を始めた4人の男たちを待っていたのは意外な結末だが、それはスクリーンでごらんいただこう。

 オーストリアのグラーツ大学の研究では血中アルコール濃度0・03%で連想テストを行ったところ100点満点で平均12点アップしたという。人間の脳は興奮性神経と抑制性神経の回路があってエタノールの血中濃度が低いうちは抑制神経が強く働くという。この作品はその事実を面白く利用したということか。

 主演のマッツ・ミケルセンの陰のある教師役は秀逸。またトミー役のトマス・ボー・ラーセン、ニコライ役のマグナス・ミラン、ピーター役のラース・ランゼといったデンマークを代表する役者陣がコメディーセンスをいかんなく発揮している。 (望月苑巳)

関連ニュース