記事詳細

観客は終始“華やかなスリル”の目撃者! 組織対組織、個対個…いくつもの対立構図を盛り込む映画「マスカレード・ナイト」 (1/2ページ)

 これほど公開前から期待をされる続編もない。17日公開の映画『マスカレード・ナイト』(鈴木雅之監督)。原作は東野圭吾氏の同名小説だ。

 物語を引っ張るのは木村拓哉(48)と長澤まさみ(34)。前作からの小日向文世(67)や梶原善(55)、石橋凌(65)らが脇を固め、石黒賢(55)、沢村一樹(54)ら今作から登場するクセのある面々が、物語に織り目をつける。組織対組織、個対個といった対立構造の盛り込み方も巧み。映画的な嘘をこれほど感じられない作品も珍しい。

 舞台はホテル『ホテル・コルテシア東京』。長澤演じる山岸は前作のフロントクラークからコンシェルジュに異動した。

 都内で殺人事件が起きた。犯人と、その取引相手が、大みそかのカウントダウンで行われるマスカレード・ナイト(仮面舞踏会)中に接触するという情報で、木村演じる新田刑事らの捜査本部が動き出す。

 “お客さまファースト”のホテル側と“逮捕第一”の捜査側、山岸とフロントクラーク、山岸と無理難題をふっかける客といういくつもの対立構図で、物語は複雑に。

関連ニュース