記事詳細

上白石萌音と10歳の浜辺美波を見出した2011年東宝シンデレラの慧眼 (1/2ページ)

 NHK朝ドラ『おかえりモネ』の物語は、10月29日の最終回に向けて佳境を迎えている。11月からは昭和から令和まで3つの時代でラジオ英語講座とともに歩んだ“3世代のヒロイン”の物語である『カムカムエヴリバディ』が放送開始。その初代ヒロイン・橘安子を演じるのが、女優の上白石萌音(23)だ。朝ドラだけでなくNHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演しているほか、歌手としても活動中。9月25日には初のエッセイ本『いろいろ』(NHK出版)を発売するなど、まさに「旬」の女優である。

 上白石が芸能界デビューしたのは2011年。今年でちょうど芸歴10年になる。デビューのきっかけとなったのは、現在の所属事務所「東宝芸能」が実施する「東宝シンデレラオーディション」で4万4120人の中から「審査員特別賞」を受賞したことだった。

 1984年に東宝創立50周年記念イベントとして始まった「東宝シンデレラ」は、オスカープロモーションの「国民的美少女コンテスト」、ホリプロの「ホリプロスカウトキャラバン」とともに女優やアイドルの“3大オーディション”の1つとされ、3~6年に一度の頻度で不定期に開催されている。記念すべき第1回(1984年)は『科捜研の女』(テレビ朝日系)シリーズで知られる沢口靖子(56)がグランプリに輝き、斉藤由貴(55)がファイナリストとして芸能界デビュー。近年の出世株は第5回(2000年)グランプリで、“東宝芸能の顔”となった女優・長澤まさみ(34)だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース