記事詳細

【大人のTVプレビュー】緊急事態宣言明けが楽しみなスポット 「出没!アド街ック天国~高尾山~」(テレビ東京系、10月2日午後9時~)

 おなじみの“アド街”だが、今回の行き先は東京・高尾山である。緊急事態宣言が解除されると、いよいよ秋の観光シーズンの到来となる。さわやかな空気を味わいにいったつもりが、山頂で雑踏に踏み込んでしまう。コロナ禍前の高尾山はそれぐらい人が訪れる観光スポットだった。

 実は記者は20年ほど前、東京都八王子市などの取材を担当していたことがあり、高尾山にも何度も登りました。そのころはまだ外国人観光客の姿もほとんどなく、観光スポットというには少々寂しいところだった。

 それがいつしか、ミシュラン・グリーンガイドで三つ星に輝いたかと思うと、外国人を中心に年間300万人が足を運ぶ人気のパワースポットになっていたのだから驚いていた。

 このコロナ禍で観光客も落ち着いていたようだが、きっと緊急事態宣言明けには、まずは国内の観光客が、そしてもう少し先には外国人の姿も戻ることだろう。

 そんな期待を込めてのアド街である。2019年にオープンした「Mt.TAKAO BASECAMP」は山小屋型ゲストハウス。1階は登山客のための休憩スペースとして開放され、カフェでは朝7時から食事もとれるので、早朝から山頂を目指す登山客にはうれしいかぎり。2階には宿泊スペースもあり、こちらも早朝登山客のニーズを取り込んでいる。

 下山したら疲れを癒やすのにうってつけなのが、高尾山口駅に隣接する日帰り温泉施設「極楽湯」。こちらは15年にオープン。露天風呂やヒノキのマイクロバブル風呂、石張りの風呂などバリエーション豊かな温泉を楽しむことができる。

 で、高尾山BBQマウント。記者がいたころには、夏になるとビアガーデンになり、山頂から東京の夜景をみながらの生ビールを楽しめたものだ。宣言明けに酒類が解禁される日が楽しみなスポットだ。 (F)

関連ニュース