「なぜこの人が国際情勢語る?」 ワイドショーの人選に疑問 (1/2ページ)

2017.05.19

 女性セブンの名物還暦記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中をぶった斬る! 今回のターゲットは「ワイドショー」だ。

                   * * *

 高校を遅刻してまで見ていたワイドショー。思えば、45年も見続けているのよね。旬のニュースや話題を私にもよくわかるようにかみくだいて面白く見せてくれるのはワイドショーをおいてほかにない、そう思っていたもの。

 だけど最近、ちょっと違うんじゃないのと思うことがいくつかあるんだわ。かつて、局アナが司会をしていたところにだんだんとお笑い芸人が進出してきて、今はそれが当たり前。

 いくらかの違和感があったものの、最初はそれが新鮮だった。でも、芸能ど真ん中の彼らが、軽快に回していればそれでいいのか? という疑問も湧いてくるわけよ。

 ◆この人の口からその話題を聞きたいか?

 たとえば最近の北朝鮮問題。日本に届いてしまうかもしれないミサイル攻撃の不安を打ち消せないから、私は雑事の手を止めて、ニュースを聞き、録画された識者の解説に耳をすますわけ。

 そして、それが終わるや画面はスタジオへ。ズラリ居並ぶコメンテーターは、この事態を何という! それぞれの専門家のまさに腕の見せ所−−のハズなのに。

 司会者も過不足なく相づちを打って、次のコメンターにつないで…と、だんだんこっちが気をゆるし始めたあたりで、「え、え〜ッ!」という事態が起こるわけよ。

NEWSポストセブン

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。