記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】松戸2日目 竹内が果敢にカマす

 梅雨同様に、この時期も多くの自称「雨男、雨女」が出現します。いやいや今は秋雨のシーズンだから雨が降りやすいだけですよと言いたい。というか日本は世界的にも降水量が多い地域なだけなんですよと。

 ネット検索してみたら驚くほどわれこそは雨男、雨女という人が多いこと、これだけの数いたら365日雨じゃないとおかしいくらいです。本当に雨男、雨女という人にはぜひともサハラ砂漠に行っていただきたい。サハラ砂漠で毎日雨が降ったら、これは本物です!

 天気予報は雨の松戸ナイター2日目準決勝6Rは竹内から狙います。サンサンバンクの松戸で雨が降るなら先行有利は間違いありません、2車でも果敢にカマして押し切る〔6〕⇔〔3〕-〔4〕〔5〕でいきます!

 荒木実のように競輪では雨の日に強いのが雨男。竹内が雨男であってほしい!(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。