記事詳細

【志らくの弟子 立川らく人の与太郎よそう】川崎GIII初日 鈴木を軸に勝負です!

 競輪選手はお客さんからヤジられるのが常でしょう。お金がかかっているギャンブルだからこそ、スった人は恨み辛みを言いたい放題です。

 色々な暴言を吐かれているなかで松浦悠士選手にとって、ドーピングをやっているだろうという言葉だけは聞き捨てならかったんでしょうね。

 レース後のインタビューで苦言を呈するくらいですから。気を使っているからこそ、ショックだったようです。今までやってきたことへの矜持(きょうじ)もあるんでしょう。

 冗談だったのかもしれませんが、程のいいヤジというのは難しいものです。「ドーピングをやっていないのにやっているくらいの強さ」だったら褒め言葉のような感じがしますからね。言った人には、うまいヤジを言う薬をあげたいところです。

 川崎ナイター初日特選12Rは鈴木を軸にしたいと思います。好調気配の山崎が同じナショナルチームの新山を叩き切り、鈴木が抜け出す〔8〕-〔1〕⇔〔4〕〔5〕〔9〕で勝負です!

 バンバン的中させて、「(予想を的中させる)ドーピングやってるだろう」と言われてみたい! まぁ、そんな物ありませんが…

(落語立川流二ツ目)

■立川らく人(たてかわ・らくと) 1985年4月16日生まれ。鳥取県米子市出身。落語家。2011年に立川志らくに入門。15年に二ツ目昇進。趣味はギター、一人旅。地元の鳥取県米子市観光大使も務める。兄弟子志らべの影響もあり競輪に手を染める。