記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】花粉症、アレグラ以外のもので対策したい 愛先生「ツボ押しと合わせて慢性鼻炎にも効く薬を」 (1/2ページ)

★(1)

 【きょうの相談者=会社経営 Iさん33歳】

 幼少期よりアレルギー性疾患が多くアトピー性皮膚炎と喘息も患っていた。症状は年齢とともに寛解していくが、鼻炎だけは改善しない。鼻の粘膜もレーザーで過去に3回焼くもすぐに元に戻ってしまう。年中ティッシュペーパーとアレグラが手放せない状態。さらに花粉の時期はさまざまな症状が起こり過ごしにくい日々が続いている。

 【主訴】

 服用しているアレグラをできればやめたい。代替策を教えてください。

 Iさん 年中アレグラを飲んでいますが、眠気を少しですが感じることがあります。車を長距離運転することもあるので、できれば違うもので対応したいと思っていました。どうにかならないでしょうか?

 愛先生 そうですね、アレグラは比較的眠くなりにくい薬ですが長距離運転のときはあまり飲みたくないですよね。花粉症で一番気になる症状はなんですか?

  鼻づまりが一番困りますね。呼吸がしにくいので、睡眠も浅くなっているような気もします。あと、鼻がつまると食べ物の味が感じにくくなってそれも嫌な感じです。

  それは厄介ですね。呼吸がしにくいときは、応急措置として、こっそりツボを押すのも効果的です。小鼻の両脇の横を5秒程度押して、5秒程度離したりと何度か繰り返してみてください。ここには鼻まわりの不調の改善によいといわれる迎香(げいこう)というツボがあります。

関連ニュース