記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】外出先で花粉症の症状を緩和するには? 鼻水を止める3つのコツと漢方薬 (1/2ページ)

 【きょうの相談者=広告代理店勤務 Yさん、41歳】

 さまざまな得意先と商談をしたり、酒席をともにするのが日課。相手を気遣って身だしなみや会話の雰囲気を損なわないようにしている。花粉症の時期がくると、外出先でも鼻にやさしいティッシュが手放せない。

 【主訴】

 応急措置で何か花粉症の症状を緩和できるものを教えてほしい。

 【相談】

 Yさん 仕事柄、話す機会が多く、会食など人と話をしながら食事をとる場面が多いです。こんなときに、くしゃみや鼻水が止まらないと非常に困るのですが、簡単にできる応急処置があったら教えてください。

 愛先生 そういうシチュエーションありますね。花粉の症状もつらいと思いますが、一緒に過ごす人たちに嫌な思いをさせてしまわないかと考えてしまいますよね。

 すぐにできる対策がいくつかあるので、そのうち3つを紹介します。

 ひとつ目は、ワセリンです。ワセリンには皮膚の保護作用があり、花粉が肌に浸透してしまうのを防いでくれます。また、保湿作用もあるので花粉や冬の乾燥によるドライスキンの解消に役立ちます。目の周りや鼻の周りに重点的に伸ばしてみてください。鼻の穴にもぬるとより効果的です。あまったワセリンは手に伸ばしてもよいですね。