記事詳細

吉呑みvs呑みすき 牛丼チェーン「ちょい飲み」対決の軍配は (2/4ページ)

 そして、庶民の居場所として脚光を浴びてきたのが「ちょい飲み」。居酒屋やバーでがっつり飲むのではなく、食事とともにちょっと飲むという需要だ。当然財布にも優しい価格設定であることはいうまでもない。

 2015年にちょい飲み需要の受け皿として登場したのが「吉呑み」だ。今までもアルコール類は提供していたが、「ビールは3本まで」などとどちらかといえば食事をする場所である、という雰囲気を漂わせていた吉野家。

 夕方の時間から本格的にちょい飲み需要の取り組みを開始した。厨房設備の関係から、軽めのおつまみと締めの牛丼が定番コース。駅前立地の多い吉野家の店舗は、帰宅前のちょい飲みにはぴったりのシーンを提供してくれる。

 牛丼(並盛り380円)を食べながら、生ビール(ジョッキ350円)を嗜む。紅ショウガだけでも十分なアクセントとして存在感を発揮するが、ビールは牛丼とともに喉の奥に次々に消えていく。

 意外にグラスビール(180円)も人気の商品だ。ビールと牛皿、またはビールと牛煮込み(350円)に牛丼を加えても1000円でおつりがくる計算だ。ひと昔前に流行った“せんべろ(1000円でべろべろに酔える)”とまでいかないかも知れないが、吉野家でも可能な価格帯。コスパだけでなく、満足度も高い印象を受けた。

 有楽町駅前にある2店の吉野家は、1店舗は吉呑み提灯が下がっているが、ごく至近にあるもう1店舗は提灯がない。当然ながら、提灯の下がっていない店舗は、お客様の回転が高い。食事をメインにするのであれば、提灯のない店舗を選択することもありではないだろうか。

 恵比寿店では、吉野家らしくないちょい飲みも可能。生ビールとから揚げ(3個360円)の組み合わせも注文できる。明るい店内と広くゆったりとした空間の中で、から揚げをつまみにビールを飲む。なんて吉野家らしくない雰囲気。同店舗にはカウンターは存在しない。入口右手のカウンターで注文し、先の窓口で商品を受け取る。いわゆるセルフサービスの形態だ。意外にも女性客の姿も見受けられる。これも吉野家らしくない、と感じた一因かもしれない。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース