記事詳細

【菜湯紀】熱川温泉「一柳閣」 魅力は正真正銘の源泉かけ流しと熱川ポークを使った「かかりつけ湯丼」

★静岡県 熱川温泉「一柳閣」の源泉かけ流しと熱川ポーク「かかりつけ湯丼」

 伊豆熱川温泉には、太田道灌が天城山の巻狩りの折に、熱い川の湯に浸かって猿や猪が傷を癒やしているのを見て熱川と名付けたという伝説がある。「一柳閣」は、健康増進と癒やしのサービスを提供する「伊豆かかりつけ湯」加盟。泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉。泉質別適応症は疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病・動脈硬化症など。

 男女別の内湯、無料家族貸し切り風呂、無料貸切露天風呂が3、半露天風呂付きの部屋が3室あるが、すべて加水加温循環濾過(ろか)消毒なし、正真正銘の源泉かけ流しだ。

 新メニュー「かかりつけ湯丼」は、静岡型銘柄豚「ふじのくに・いきいきポーク」を加工した、「熱川ポーク」を味噌でこんがりと焼き上げ、温泉卵とたっぷりのネギを散らした、柔らかさとジューシーさが信条の健康丼。

 豚肉に含まれるビタミンB1、ミネラル、タンパク質など、体に必要な栄養素が疲労回復に効果的。味噌に含まれる大豆サポニンはコレステロールの上昇を制御、動脈硬化症の予防も期待できる。 (一社)プレスマンユニオン理事/温泉ソムリエ・板倉あつし

 ■伊豆熱川温泉「一柳閣」 静岡県東伊豆町奈良本987の1 (電)0557・23・1133。平日2人1室1泊2食1万1880円から。詳細はWEBで。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう