記事詳細

【超かんたん!図解で認知症予防】認知症リスクに大きな影響『難聴』 「めんどうくさい」が生む悪循環

 今年3月、アルツハイマー病予防の世界的な委員会から認知症リスク要因9つのうち、最も大きな影響を与えるのが「難聴」であるという研究成果が発表されました。

 認知症の「9大リスク」とは(1)難聴(2)低教育(3)高血圧(4)肥満(5)喫煙(6)うつ(7)運動不足(8)社会的孤立(9)糖尿病です。

 そして、中年期(45歳)以降の難聴を回復させることによって、認知症の発症や進行を遅らせる可能性が初めて示唆されたのです。今後は、難聴と脳神経分野が連携した、さらなる研究の進展が期待されます。

 (1)難聴から始まる「めんどくさい病」

 聴力の低下が「聞き返すのが面倒→人の話を聞かない→聴覚刺激の減少→会話の減少→社会性の低下→うつ症状」の悪循環を生み、認知症を進行させる。

 (2)補聴器や集音器で対策バッチリ!

 近年は補聴器や集音器の重要性が認識されるようになり、首掛け、耳掛けなどさまざまなタイプのものが発売されている。

 ■監修・朝田隆 1955年生まれ。メモリークリニックお茶の水院長、東京医科歯科大学医学部特任教授、医学博士。数々の認知症実態調査に関わり、軽度認知障害(MCI)のうちに予防を始めることを強く推奨、デイケアプログラムの実施など第一線で活躍中。『効く!「脳トレ」ブック』(三笠書房)など編著書多数。