記事詳細

【夕刊フジ人生相談駆け込み寺】ブラック部活やめるべき? 野々村直通氏「覚悟持って取り組める部活を探せ」 (1/2ページ)

 ■今回のお悩み

 中学2年の長男から、「部活をやめるかどうか迷っている」と相談されました。友人に誘われて野球部に入ったのですが、練習時間が長くて、休日も練習があって「キツイ」と言います。

 ただ生徒全員が部活に入らなければいけないので、「今からほかの部活をやるのもカッコ悪い」と悩んでいるようです。長男いわく「ブラック部活」だそうですが、友人は問題なく続けているそうです。(会社員・男性 46歳)

 ■回答者 教育評論家・野々村直通

 「ブラック部活」「セクハラ」「パワハラ」が世の中を騒がせていますな。もちろん悪質なものもありますが、なかには騒ぎすぎというものもあります。「弱い者こそ正義」という論理だけで物事を見ると、本質を見失いかねません。

 あなたのお子さんは「ブラック部活」と言っているそうですが、「野球が好きだから、何があってもやるぞ」という覚悟が感じられません。野球が大好きな友人は「これぐらい当たり前だ」と思っているから、続けられるのでしょう。

 教育の最終目標は、子供たちを自立させて一人でも生きていけるようにすることです。社会に出れば、理不尽なこともあります。教育の一環である部活では、「辛いことにも耐えろよ。嫌なこともあるのが世の中だから」と子供に伝える必要があると思います。

zakzakの最新情報を受け取ろう