記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】夏野菜の代表・ナスの抗酸化作用に期待「蒸しナスとトマトのマリネ」

 色とりどりのアジサイを目にする季節となりました。薄紫やピンクの花を見ていると、ジメジメした気分がちょっと明るくなりますよね。調べてみると、アジサイの代表的な花言葉は「移り気」。咲いてから散るまでの間、花の色が変化していくことに由来しているそうです。

 今回はそんなアジサイの変化に絡めて、シソ、トマト、ナスの3層からなるマリネをご紹介。食べ進めていくと食材同士が交わって、味の変化が楽しめますよ。

 主役は夏野菜の代表格、ナス。近年になってナスニンやクロロゲン酸といったポリフェノール成分に注目が集まり、“生活習慣病撃退”の抗酸化作用に期待が寄せられています。

 アジサイの花言葉には「家族団欒(だんらん)」という意味もあるそうなので、今宵は抗酸化作用いっぱいの冷やしたマリネで食卓を囲んでみてはいかがでしょうか?

【材料】2人分
ナス 2本
トマト 1個
青じそ 8枚
白ごま 適量
[A]
酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ2
ごま油 大さじ1
すりおろしにんにく 小さじ1/2

【作り方】【作り方】
1 ナスは縦半分に切り斜め切り、皿に並べてラップをして600Wレンジで4分加熱する。
2 トマトは角切り、青じそは千切り、[A]を混ぜて1の上にかけ、ごまをふる(冷やして食べるとさらにおいしい)。

■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。

zakzakの最新情報を受け取ろう