記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談 梅雨の不安解消編】ビアガーデンに行く前に… 翌日の胃もたれや頭痛、むくみに効く漢方は? (2/2ページ)

  それはイヤになりますね。漢方薬は、長期的に飲まないと効果を感じにくいと言われていますが、比較的すぐに実感するものも多く存在します。

 まずは、気になられている胃の症状、頭痛、むくみ全てに効能があるのが五苓散(ごれいさん)です。二日酔いの代表的な漢方薬でもあります。しかも、わりと体質に関係なく飲むことができるので常備しておくと良いと思います。あとは、起きると胃が重くてトイレに行くと便器にべっとりついてしまうような軟便や下痢をするような時は半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)も良いと思います。

  よくおわかりですね。実は飲んだ翌日の便はそんな感じなので半夏瀉心湯もいいですね。あと、飲みすぎると吹き出物がでたり口内炎ができたりするのも気になるのですが。

  お酒を飲みすぎると炎症が起きやすくなりますよね。そんな時には、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)も良いです。二日酔いだけではなく肌荒れや口内炎、胃炎にも効能があります。

  聞けば聞くほど漢方の力に興味がわきます。細かい不調にも意外と使えるんですね。

  そうなんです。みんな漢方は難しいと思って深く知ろうとしていない気がしますが、いろいろな場面で使えて便利なんですよ。Sさんも体調に合わせて考えてみてください。

  はい。今まで飲み会の前はウコンを飲むくらいしかやれることがないと思っていました。漢方を知って心強く感じています。

 ■大久保愛(おおくぼ・あい) 1985年生まれ。秋田の山で薬草を採りながら育つ。2008年昭和大学薬学部卒業。「アイカ製薬」代表取締役。薬剤師/薬膳料理家。漢方専門家として商品開発や企業コンサルティングに携わる。

zakzakの最新情報を受け取ろう