記事詳細

【高血圧ギモン解決】家庭で毎日「血圧測定」は面倒 測るのは診察室だけではダメ? (1/2ページ)

★東京都健康長寿医療センター顧問・桑島巖医師

 Q.家庭で毎日測るのは面倒、診察室の血圧だけではダメ?

 A.日々の血圧変動を知り改善することが大切

 高血圧と診断されると、「血圧手帳」を医師から渡されて、朝晩の家庭血圧測定を勧められることが多い。しかし、出勤前の朝は忙しく、夜は一杯飲んで帰宅すれば「血圧測定は面倒」と思う人もいるだろう。受診したときに測定するだけでは、なぜいけないのか。

 「医療機関での血圧測定では、緊張して血圧が高くなる人もいれば、逆に、仕事のストレスから離れて血圧が下がる人もいます。ご自身の状態を把握するには、家庭で決まった時間に毎日測定することが重要なのです」

 ■決まった時間に

 こう話すのは東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巖医師。これまで5万人もの高血圧患者を治療している。

 医療機関で血圧が上昇しやすい人を「白衣高血圧」といい、逆に下がる人を「仮面高血圧」と呼ぶ。仮面高血圧の人は、医療機関以外の職場や家庭内では血圧が上昇しやすいため、家庭血圧測定で自分の血圧状態を把握することが不可欠だ。

 「自覚はとても大切です。米国で行われた研究で、理髪店で血圧を測り血圧が高かったときに、薬局を紹介した群と、しなかった群では、前者の方が高血圧の改善した割合が高くなっていました。ご自身の血圧状態を知るきっかけを得ることが重要なのです」

関連ニュース