記事詳細

【今からトレーニング】お腹回りに効く2種類の運動 ポロシャツが似合う体形になるトレーニング

★ポロシャツが似合う体形になる(2)

 ポロシャツやスーツが似合う体形になるためのトレーニングを理学療法士でパーソナルトレーナーの鈴木将尊さんから教わっている。今回からは2回に分けてお腹を引き締める運動を行う。

 「前回、ポロシャツをかっこよく着こなすためには厚い胸板が必要と言いましたが、いくら胸板が厚くて腕もムキっとかっこよくても、お腹が出ていると台無しです。ぜひ、お腹はしっかり続けてください。今日から1カ月間、平日だけでいいので毎日続ければかなり変わります。運動する時間帯は、朝起きた直後や寝る前は体によくないのでそれ以外の時間、とくに帰宅して着替えて夕食の前が理想的です」と鈴木さん。

 お腹の運動は4種類あるが、今回はそのうち2種類を教わる。

 <ねじる運動=腹直筋と腹斜筋>

 腕立て伏せをやる前と同じ態勢をとり、下半身をねじって右膝を引き寄せて、右足を左膝に付ける=写真(1)(2)。これを左右5回ずつ。「腹直筋とはいわゆるシックスパックのこと。腹斜筋は斜め前の脇腹です」(鈴木さん)。お腹が邪魔をしてやりにくい人も、続けているうちに引き締まってくるので頑張ろう。

 <V字バランス=腹斜筋>

 背筋と膝を伸ばして両足を付けた状態で足を上げる。体の角度は100度くらいが理想=同(3)。お腹に手を置いて、ヘソのあたりに力が入っているのを確認する。20-30秒くらいを1回。

 「お腹が出ているというのは、ポッコリ丸いお腹もあれば、ベルトの上にだらりと乗るお腹もあります。どんなお腹でも、とにかく腹筋のいろいろな部位に刺激を与えましょう。お腹をへこませるためには、いろいろな腹筋をやるのが先決です。今回も、どちらか1種類の腹筋を規定の回数やってバテてしまうようなら、回数は少なくていいので2種類の腹筋をやりましょう」

 次回はインナーマッスルに効く腹筋を教わる。(松本佳代子)

zakzakの最新情報を受け取ろう