記事詳細

【今坂佳美 生活習慣病撃退レシピ】お酢の力に頼ってみよう 「黒酢きんぴら」 血糖値の急上昇抑え、減塩効果も

 オレンジ世代のみなさんは、お医者さんから「血糖値が高い」とか「高血圧」と言われた経験はありませんか? そんな時はある調味料の力に頼ってみましょう。それはお酢です。お酢には血糖値の上昇をゆるやかにし、血圧を下げる効果があるとされ、1日大さじ1杯程度摂取すると良いといわれています。

 巷にはバラエティー豊かな酢が出回っていますが、個人的に好きなのは黒酢。香りが高く、まろやかな口当たりが特徴で、加熱することで酸味が飛び、コクやうま味が引き立つので料理にもってこいなんです。また、クエン酸が豊富なので血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

 今回のレシピは何でもないきんぴらごぼうに黒酢で味にメリハリをつけ、血糖値上昇の緩和をプラスしました。

 普段から濃い味が好きだったり、醤油、塩、コショウなどを多用している方は、今日から「酢で代用する」という意識を高めてみてください。私のおすすめは酢醤油です。醤油3、酢1くらいで混ぜ合わせて使えば、おいしさはそのままにかなりの減塩効果が期待できますよ。

 【材料】 2人前
 ごぼう 1本
 にんじん 1/2本
 ごま油 大さじ1
 ゴマ 小さじ1
 [A]
 黒酢 大さじ1
 醤油 小さじ2
 はちみつ 小さじ1

 【作り方】
 1 ごぼう、にんじんは細切りにする。
 2 フライパンにごま油を熱し、1を炒める。火が通ったら混ぜた[A]を入れ炒め合わせる。
 3 2を器に盛りゴマをかける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。