記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】気疲れで慢性疲労、髪が薄くなった… 「ストレス軽減して頭皮の血流改善を」 (1/2ページ)

★(2)

 【IT系企業・エンジニア Hさん38歳】

 毎年、夏はだるく、今年はいっそう疲れを感じている。会社では中堅社員となり上司と部下を気遣う場面が増えた。毛が抜けるような思いで仕事をしている。そして、実際に肩のあたりではパラパラと抜け毛が…。子供の頃にストレスで10円ハゲになったこともあり、ストレスに弱いタイプなのかもしれない。これ以上、進まないか若ハゲが心配だ。

 【主訴】薄毛、ストレス過多。

 【相談】

 Hさん 毎日楽しいと思えることがないんです。年齢的に人間関係が難しくなるのは仕方ないと思うのですが、抜け毛が増えてきて、少し焦りを感じています。

 愛先生 心身ともにお疲れのようですね。うまく気分転換できると良いのですが。そういえば、Hさんはアトピーや花粉症はお持ちですか?

 H 子供の頃、アトピーがひどかったです。今は落ち着いています。

 愛 そうですか。円形脱毛は、ストレスが引き金になることが多いとされていますが、ベースとしてアレルギーや自己免疫疾患などを持っている人に起こりやすいとも言われています。

 H なるほど。まさに私は条件を兼ね備えていますね。もともと技術畑なので、人とのコミュニケーションでストレスを感じることが多いです。薄毛にも関係しますか?

 愛 はい、そういう面もありますね。まず、過度のストレスは交感神経を優位にし頭皮の血流を悪化させます。その結果、髪の毛を作り出している毛母細胞への栄養が不足し髪の毛の発育に影響します。あとは、髪の毛が伸びていく過程で亜鉛が必要となりますが、過度のストレスは亜鉛を消耗してしまうため抜け毛のリスクを上げることになります。

関連ニュース