記事詳細

【今からトレーニング】「座って立つ」だけ!体への負担抑えて筋トレできる ミズノ「スクワットスリール」

★通販トレーニンググッズ(1)

 今回から、通販番組や通販サイトで紹介されているトレーニング・グッズを紹介していく。まずは、特売時に“売り切れ”になるほどの人気商品、ミズノ製の「スクワットスリール」(税込み1万2852円)。通販番組で紹介映像を見たことのある人もいるだろうが、スクワット運動をサポートする椅子だ。

 スクワットは、太もも前側と尻の筋肉を効果的に鍛えることができる運動。太もも前側や尻の筋肉は、立ったり歩くときの姿勢を安定させて足を動かすのに必要な筋肉で、いつまでも自分で歩き続けるために重要だ。最近、歩くと疲れるようになったとか、歩くのがおっくうで、すぐにバスやタクシーを使いたくなる人は注意が必要。足の老化は中高年から始まっている。

 正しいスクワットは、足を肩幅より少し広めに開き、足首、膝、股関節を曲げて尻を真下に落とすようにする。太ももと床が平行になるまで膝を曲げる。その後、最初の立ち位置までゆっくりと立ち上がる。

 立ち上がるときには、膝をつま先より前に出ないように気を付けること。足元を見たり、猫背の人や関節が硬い人だと膝が前に出がちだ。膝がつま先より前に出るとスクワット運動の効果が出にくい。しかも、関節によけいな負荷がかかって痛みの原因になる。

 シンプルな動きだからこそ難しいのがスクワット。そのため、非常に効果的な運動にもかかわらず敬遠されがちだが、そんなスクワットを簡単にできるのがスクワットスリールだ。

 一見、普通の丸椅子だが、脚部がガスシリンダーで最大約11・3センチ上下する。つまり、スクワットスリールの座面に「座って立つ」を繰り返すと、スクワットをしているのと同じ動きになるというわけだ。

 スクワットスリールを使うと楽にスクワットの動作ができ、太もも前側も効果的に鍛えられる。通常のスクワットのように心拍数が高くなることもない。体への負担は少なく、筋トレ効果はあるという便利なグッズだ。しかも、普段は椅子として使えるので、多くのトレーニング器具のように邪魔になることもない。これも人気の理由だろう。(松本佳代子)

関連ニュース