記事詳細

【教えて!愛先生の漢方相談】オフィスの乾燥で喉からの風邪が長引きやすい 30分に1回水分補給を (1/2ページ)

 冷え込む日が増え、季節の変わり目で体調を崩す方が増えています。風邪やインフルエンザ対策を含め、この時期、特有の悩みにお答えします。

 【コールセンター・クレーム処理担当 Hさん50歳】

 仕事柄、話をしている時間が長い。喉がイガイガしやすく、咳が止まらなくなることも多い。乾燥するシーズンになると風邪予防のために、うがいを励行。にも関わらず、喉から風邪をひき、長びきしやすい。仕事にも影響するのでなんとかしたいと思っている。

 【主訴】喉が弱い。

 【相談】

 愛先生 一日中話しているとやはり喉は影響を受けてしまいますよね。オフィスの空調はどうですか?

 Hさん 冷房の際も、暖房の際も年中乾燥しています。自分の机に加湿器を置くぐらいでは追いつかないほどです。

 愛 喉まで乾燥すると、喉の粘膜が弱ってしまうことがあります。そうすると、ちょっとした刺激に弱くなったり炎症を起こしやすくなってしまいますね。

 H そうなんです。喉に悪い環境だとは思います。なので、うがいは一年中するようにしています。

 愛 水分はよく摂る方ですか?

 H 電話対応でなかなか席を外すことができない仕事なので、実はトイレが近くならないように水分は摂らないようにしています。

 愛 お察ししますが、それでも、お水はこまめに飲むほうが喉には良いですね。水分を口から取り入れることで、その都度、喉に付着してしまったウイルスを流しとることができます。喉の粘膜の乾燥を防ぐだけでなくウイルスの付着も防いでくれます。30分に1回を目安に水分補給をすると風邪予防になります。少量でもよいので飲むようにすると、頻繁に喉のケアができるのでおすすめですよ。