記事詳細

【PNN】これぞ年末の大穴台! 一撃2000発大RUSH「CRフィーバーエルドラ」 好評稼働中

★「CRフィーバーエルドラ」(SANKYO)

 今年も残りわずかというこのタイミングで、とんでもないダークホースが現れた。「CRフィーバーエルドラ」(SANKYO)だ。RUSH(エルドラゲーム)に突入すると、約2000発の大当たりが60%の確率で1ゲーム連チャンする。RUSH突入への関門は狭いが、見返りの大きさを考えればチャンレジする価値は十分にある。圧倒的なスピードも魅力だ。好評稼働中。

 アナ 年末の大本命は「牙狼TOG」と「AKB48-3」の2強だと紹介してきましたよね。

 解説委員 もしかすると我々は大穴を見逃していたかもしれない。

 アナ 超人気シリーズの最新機種2機に対抗できる機種はありますか。

 解説委員 「フィーバーエルドラ」だ。送り出すSANKYOは言わずと知れた超名門メーカー。オリジナル機だから一見すると地味だが、実はすさまじい性能を秘めているんだ。

 アナ 大当たり確率が約99分の1。ということは甘デジタイプですか。

 解説委員 違うな。ゲーム性を説明しよう。まず、液晶画面に金色の「宝玉」が出現すると小当たりだ。この確率は約18分の1。そこで液晶左側の「V」に玉が入ると大当たりになる。

 アナ その確率が約99分の1なんですね。

 解説委員 この大当たりは4ラウンドで、ラウンド中に「フェイスオブ王」が浮かび上がれば、RUSHの「エルドラゲーム」に突入する。これは大当たりの約11%だ。

 アナ ちょっと待ってください。約99分の1で大当たりを引いて、その内の約11%でRUSHって、かなり厳しくないですか。

 解説委員 そこは否定できないが、逆に考えてみてくれ。難関を突破したらそれ相応の見返りがあるはずだろう。すなわち、約2000発の大当たりが1回転で連チャンする。どれだけ続くかは自らのヒキ次第。ループ率は約60%で、当選し続ける限り、1ゲームで連チャンが続くんだ。

 アナ それはたしかに魅力的ですね。

 解説委員 連チャン時もV入賞イコール大当たりで、演出などは一切ないから、出玉増加のスピードもハンパじゃない。まさに極限のキレ味を持ったマシンだ。

 アナ チャレンジしたくなってきました。

 解説委員 約99分の1の大当たりでも必ず約500個の出玉が得られるし、ひんぱんに小当たりするから間も持つ。投資金額や大当たり回数を自分なりに決めて、運試し的に挑戦してみるのもいいと思う。

 アナ 忙しい年末年始の短時間勝負にも向いていそうですね。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴

 変則的なスペックで、約99分の1の大当たりの11%でRUSHに突入し、約60%で継続する。RUSH中の大当たりはすべて出玉約2000発、通常時の大当たりはすべて出玉約500発。通常時、RUSH中ともに大当たり時は左打ちでスライド式の羽根に玉を拾わせる必要がある。液晶画面にも大きく表示されるので見逃す心配はない。画面に指示が出たら必ず玉を打ち出すこと。玉切れ、玉詰まりもないようにしたい。