記事詳細

【おやじ酒場】愛され続けて40年の味つけ 大衆割烹「和田屋」 (1/2ページ)

★大衆割烹「和田屋」 JR中央線・総武線/阿佐ケ谷駅

 新宿から中央線に揺られて約10分。駅前から長いケヤキ並木が有名な阿佐ケ谷駅に到着。商店街も豊富な街並みに、飲食店が多く立ち並ぶ激戦地は南ではなく北口だ。オシャレなカフェから大衆酒場まで多彩な店が軒を並べる路地裏で今宵は懐かしい雰囲気を持つ酒場で、腰を落ち着けよう。

 改札を出てケヤキ並木を背に北口側に広がるスターロード商店街を線路伝いにテクテク。路地に入ると小さなネオンが繁華街の夜を知らせる。落ち着いた店構えに赤提灯。揺れる縄のれんをかき分けて引き戸をガラガラ。奥に長い店内の左側は厨房(ちゅうぼう)を囲んでカウンター席が並び反対側は4人かけテーブル4つ。2階には広い座敷席で楽しく宴会もできそうだ。

 奥のテーブル席に着いて定番の「生ビール」(中580円)。ジョッキをグビ~ッ…ようやく人心地つけた。カウンターには、きんぴらごぼう、手羽と大根煮など総菜の大皿料理(480円~)に目がいく。「なすと小松菜の胡麻和え」をさっそくチョイス。ナスの奥までゴマダレが染みてビールのアテにぴったり。やさしい味の家庭的な料理はなによりのごちそうだ。

 大衆割烹の名の通り、「しめさば」(600円)や「クサヤ」(500円)など魚料理もそろうが、名物の「やきとん」(1串120円)のタレを注文。丁寧な下処理と熟練の焼き加減で抜群の味。

関連ニュース