記事詳細

【生涯現役脳をめざせ!】アミラーゼが暴飲暴食の胃もたれ助ける「蕪とチーズのグリル」 心臓に負担をかけないために標準体重維持を (3/3ページ)

 【材料】

 蕪 (4玉、皮ごとよく洗う)

 塩・白コショウ (少々)

 オリーブオイル (大さじ2)

 はちみつ (大さじ2-3)

 ゴルゴンゾーラチーズまたはブルーチーズ (大さじ2-3)

 【作り方】

 (1)蕪をよく洗い、皮ごとひと口大で少し大きめの乱切りにして、オーブンに入れられるオーブンウエアーまたはアルミ箔(はく)に広げる

 (2)軽く塩・白コショウをして全体に合わせ、オリーブオイルを回しかけ、全体になじませる。はちみつをかけ、1センチ大にちぎったチーズを散らし、250度に予熱をしておいたオーブンで約10分焼き、熱々をいただく

 ※魚焼きグリルはアルミ箔に食材を広げ、四隅を立ち上げるように形作り、しっかり予熱した魚焼きグリルで7-8分焼く

 ■松田美智子(まつだ・みちこ) 女子美術大学非常勤講師、日本雑穀協会理事。ホルトハウス房子に師事。惣菜からもてなし料理まで、和洋中のジャンルを超えて、幅広く提案する。自身でもテーブルウェア「自在道具」シリーズをプロデュース。著書に『季節の仕事』『調味料の科学』など。

 ■朝田隆(あさだ たかし) 1955年生まれ。メモリークリニックお茶の水理事長、東京医科歯科大学医学部特任教授、医学博士。認知症予防のデイケアプログラム実施など第一線で活躍中。『効く!「脳トレ」ブック』(三笠書房)など編著書多数。

関連ニュース