記事詳細

【人生100年時代のリバースモーゲージ活用法】「目的タイプ」と「カードタイプ」 東京スター銀行「充実人生」からみる融資タイプ (1/3ページ)

★(3)

 「リバースモーゲージ」を取り扱う金融機関は増えており、基本的なしくみは変わらないが、担保にできる自宅不動産の要件や、融資金の使途、融資金額などは、金融機関によって異なる。

 リバースモーゲージを2005年から取り扱っていて、自宅マンションも担保の対象としている東京スター銀行の「充実人生」で、その内容を見てみよう。

 「充実人生」は、全国を対象エリアとしていて、担保評価額の条件はない。また、契約する際に、相続人の「同意書」などの必要はない。ただし、担保となる自宅に、配偶者以外の人が同居している場合、同居人の同意書が必要となる。

 利用できるのは55歳以上の人。配偶者がいる場合は、配偶者の年齢は50歳以上となっている。年金等、安定的な収入があり、年収が120万円以上という条件もある。

 融資金額は、500万円から1億円まで。融資金の使い道は自由だが、事業資金や投資資金にすることはできない。

 原則として、保証会社や保証人は必要ないが、自宅が配偶者との共有になっている場合は、配偶者が連帯保証人になる必要がある。

関連ニュース