記事詳細

【江口まゆみ 酔っぱライターのお酒見聞録】日本酒が苦手でも楽しめる酒を 岐阜県「初緑」 (2/2ページ)

 高木社長を支えるのは、後藤克伸杜氏。昨年春に全国新酒鑑評会で金賞を受賞し、飛騨杜氏組合の会長も務める実力者だ。もう一人は、昨年4月に蔵へ帰ってきた3人姉妹の末っ子、梨佐さん。じつは10年前に初緑を開発したのは、梨佐さんのお姉さんだという。彼女は辛い日本酒が苦手だったので、自分がおいしいと思える酒を企画したのだった。

 ■江口まゆみ 酔っぱライター。世界中の知られざる地酒を飲み歩き、国内でも日本酒、焼酎、ビール、ワイン、ウイスキーのつくり手を訪ねる旅を続ける。大人気のラブコメ漫画『酒と恋には酔って然るべき』(秋田書店)の原案を担当。

関連ニュース