記事詳細

【PNN】打つべし!打つべし!!“頂JOE BONUS” 圧倒的な爽快感「限界突破RUSH」 「ぱちんこCRあしたのジョー」

★「ぱちんこCRあしたのジョー」 サミー

 1967年から週刊少年マガジン(講談社)に連載されたボクシング漫画「あしたのジョー」がパチンコとして4度目の登場だ。「ぱちんこCRあしたのジョー」(サミー)は65%の確変ループ+小当たりRUSHであるGTR(限界突破RUSH)により、高い出玉性能と爽快感を味わえる。通常時は「激JOEストック」と「炎JOEゾーン」の2つのダジャレ系(?)ネーミングの演出がアツい。設置開始は3月4日(月)から。

 アナ 「あしたのジョー」って何度もパチンコになってますよね。

 解説委員 最初は奥村から、2回目は京楽から、そして3回目がサミーから出てるな。来月登場する「ぱちんこCRあしたのジョーは」はサミーから2015年以来となるシリーズ2作目だ。

 アナ ネット上では早くから、唯一明らかにされていた「NGスペック」という言葉が話題になっていました。

 解説委員 いざ発表されてみると「No Good」ではなくて「No Guard」の略だったことが判明した。てっきりとてつもなくトガったスペックなのかと思っていたんだが(笑)。

 アナ それでも小当たりRUSHを搭載していますから、出玉性能は高そうです。

 解説委員 基本は確変ループタイプで、16ラウンド大当たりの「頂JOE BONUS」の後に小当たりRUSHである「GTR(限界突破RUSH)」が付く。GTR中の小当たり確率は約1・102分の1だから、ほぼ毎回転、アタッカーが開くことになる。

 ■ひと味違う「NG]アタッカー

 アナ 玉がかなり増えそうですね。

 解説委員 増えるしスピード感もあって爽快だな。GTRは基本的にはバトルに発展するまで続く。ジョーが勝てば大当たり&確変継続で、負ければショート開放で時短100回転へ、という流れだ。大当たり時やGTR中は今までとはひと味違う「NG(ノーガード)アタッカー」も見てもらいたい。

 アナ 通常時は「JOE」が付く2つの演出がアツいとか。

 解説委員 「激JOEアイコン」をストックすればするほどチャンスが発生する「激JOEストック」と、突入すれば期待度がアップする「炎JOEゾーン」だな。ほかにもバトルリーチの後半なんかも見ごたえ十分だ。全体的に今までのジョーのイメージを覆す演出が多い印象だな。

 アナ 半世紀前の漫画&アニメですもんね。

 解説委員 いい意味で“今風”になっていると感じる。原作を知っている人もそうでない人も楽しめるんじゃないかな。

 アナ 3月の登JOEが待ちきれません(笑)。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 確変割合65%で次回まで継続するループタイプ。通常時の大当たりの10%、電サポ中(確変、時短中)の大当たりの32.5%が16ラウンド確変大当たりで、大当たり後には小当たりRUSHに突入する。電サポ中の通常大当たり後はほぼ出玉が得られないが、通常時の通常大当たり同様に100回転の時短が付く。