記事詳細

【トラブル解消!足の「疲れ」と「痛み」】日本人に多いO脚の「変形性膝関節症」 自家製「軍手インソール」を試しては? (1/2ページ)

★(5)

 足のトラブルのほとんどは、足のアーチ構造が崩れることが原因だ。そのため対策には、崩れた足のアーチを立体的に支えるインソールが欠かせない。しかし、インソールが有効なのは、足の病気だけではない。実際、膝痛に悩まされる「変形性膝関節症」では、保険適用でオーダーメードのインソールが処方される場合がある。どういうことなのか。

 「足と靴の外来」を設けている「お茶の水整形外科・機能リハビリテーションクリニック」(東京都千代田区)の銅冶英雄院長が説明する。

 「変形性膝関節症は、加齢によって膝の関節内でクッションの役割をしている軟骨がすり減っていくことで膝に痛みが現れる病気です。痛む場所は患者さんによって、膝の内側だったり、外側だったりします。それはO脚かX脚によって、膝関節への負担のかかり方が違うからです。インソールを使って、膝にかかる負担のバランスを変えることで痛みをやわらげるのです」

 O脚の人は、体重が主に膝の内側にかかるので、内側の軟骨がすり減って内側が痛い。X脚の人は、膝の外側に負担がかかっているので外側が痛い。変形性膝関節症による膝痛に悩む人の多くはこのどちらかで、日本人の場合は約9割がO脚。欧米人になるとX脚の方が多く、人種差があるという。

 では、どのようにしてインソールで膝にかかる負担のバランスを変えるのか。

関連ニュース