記事詳細

【銭湯帰りのグルメ赤提灯】天井に宇宙絵が描かれた「大塚記念湯」とワイン厨房「tamaya」

 脱衣所の天井に宇宙が描かれた大塚記念湯(03・3986・0126、豊島区南大塚3の38の15)。創業は1926(昭和元)年。大正から昭和に元号が変わるころに創業したことから“記念湯”と命名。1987(昭和62)年にビルに建て替え現在に至る。インパクトのある宇宙絵は、先代が考案し特注でつくらせたものなのだとか。

 大浴場は室内風呂のみ。浅風呂、薬湯、深風呂、ミクロバイブラバスや水風呂などの浴槽がある。懐かしいお釜ドライヤーも。2階には「サウナニュー大塚」(別料金)がある(営業14~翌1、金休)。

 大塚記念湯の斜め向かいにあるのがワイン厨房 tamaya(03・5928・1616、豊島区南大塚3の39の7)。店内の壁一面に並ぶワインボトル(2052円~)は圧巻。ボトルに値段が表示されており選びやすい。迷ったときは、気さくなソムリエが好みに合うおすすめをチョイスしてくれる。銭湯帰りの一杯は「白穂乃香」(702円)から始める客も多い。

 写真は「本日の前菜盛り合わせ」(1296円)。常連客に大好評なのが、季節の野菜約7種類が入った「デトックスサラダ」(734円~)。ボールサイズでボリューム満点。リーズナブルでアットホームな雰囲気が魅力の店だ(営業は17~翌3、日祝休)。