記事詳細

【厳選ぐるめナビ】400円超えるメニューなし! 15年近く愛され続ける「ラーマヤナ蒲田店」 東京・蒲田

 メニューのほとんどが300円の店があると聞いて蒲田へ-。場所は蒲田駅西口、ドンキのすぐ裏。聞けばここに移ってまだ1、2年ほどだが、その前から蒲田で15年近くも愛され続けてきた店なんだとか。

 店名はインドっぽいが、業態は無国籍ダイニング。というより、なんでもあり。人気ベスト3からして「ベトナム生春巻き」、「ナシゴレン」「タンドリーチキン」と国はバラバラだし、「鉄板餃子」など客のリクエストに応えたメニューもあるという。

 さて、何を頼むか。タッチパネルで注文したのは、うわ、このボリュームで、目玉焼き2つ乗っけて、300円は驚きを通り越して感動すら覚えるナシゴレン。味も本場というよりは日本人好みの優しい、初めてなのに懐かしい味わいで旨し。ぜいたくしようと「鉄板焼ステーキ」を頼んだって、380円。なにしろ400円を超えるメニューはないんだから。

 さらにさらに、生ビールは7時までなら100円! 7時過ぎても300円! もはや低価格というより“価格破壊”だ。こういう店はいつまでも続いてほしいので、みんなでセッセと通おう。

 ■東京都大田区西蒲田7の2の3 第2醍醐ビル6F 03・5744・9559。営業17~翌4。不定休。