記事詳細

【生活習慣病撃退レシピ】胃腸を整えて春を楽しもう 「春キャベツの柚子こしょう煮」

 ポカポカ陽気が続くようになり、桜の季節ももうすぐそこ。この時期になると食べたくなるのが春キャベツです。通常のキャベツより柔らかさ&みずみずしさがあり、スッキリとした甘みがたまりませんよね。そんな今回は、旬の春キャベツを丸ごと使ったレシピを紹介していきます。

 食事の際に「まずキャベツから食べると良い」という話を聞いたことがありますか? キャベツには食物繊維や「自然の潰瘍薬」と呼ばれるビタミンUが豊富に含まれているので、最初に摂取することで、胃や腸内の環境を整えたり、解毒作用を強めてくれたりします。トンカツなどの付け合わせにキャベツが採用されているのもこういった理由からかもしれませんね。

 芯まで柔らかく煮込んでいるので、キャベツの栄養を余すことなく吸収! 柚子こしょうの風味が新鮮で、食欲も増幅するおすすめの一皿です。ぜひお試しいただき、生活習慣病撃退につなげてみてくださいね。

 【材料】2人分
 鶏ひき肉 200グラム
 春キャベツ 1/2個
 ごま油 大さじ1/2
 だし汁 500cc
 しょうゆ 小さじ2
 酒 大さじ1
 塩 小さじ1/4
 柚子こしょう 小さじ1
 [A]
 片栗粉 大さじ1
 水 大さじ1

 【作り方】
 (1)春キャベツは芯をつけたまま4等分くし形切りにする。
 (2)鍋にごま油を熱し、鶏ひき肉に塩をふって炒め、酒、だし汁、しょうゆ、柚子こしょうを加える。
 (3) (2)に春キャベツを並べ、蓋をして弱火で10分煮る。
 (4) [A]を混ぜてから(3)に加えとろみをつける。

 ■今坂佳美(いまさか・よしみ) 1975年生まれ、静岡県浜松市在住。料理研究家で珠算指導者。二男一女の母で、ボートレーサー故ガッツ今坂の妻。