記事詳細

【PNN】伝説の平家が18年ぶり蘇る SPリーチ発展がアツい! 豊丸産業「P平家物語-RELOADED-」

★「P平家物語-RELOADED-」 豊丸産業

 伝説の名機が18年の時を超えて蘇る。「P平家物語-RELOADED-」(豊丸産業)は、2001年の「CR平家物語」以来となるシリーズ2作目で、前作のゲーム性を受け継いだシンプルな演出が特徴だ。3段階設定のライトミドルスペックで、全大当たり後に確変に突入する転落タイプ。ただし電サポに入るのは通常時は33%。電サポ非突入でも大当たり後の即ヤメは厳禁だ。設置開始は4月1日(月)から。

 アナ 「P平家物語-RELOADED-」は演出もゲーム性も変わっています。

 解説委員 演出はとにかくシンプルだから、そこが現在の演出モリモリのパチンコにおいては「変わっている」ということになる。そもそも18年前の「CR平家物語」が当時としてもシンプルさがウリだったわけで、それをいま再現しているんだからな。

 アナ SPリーチに発展しただけでアツいんですよね。

 解説委員 SPリーチは3種類あるが、信頼度はどれも同じで約30%ある。昨今の機種でいえば先読みゾーン+赤保留+疑似3連+ド派手役物出現+ストーリーリーチぐらいの信頼度かな(笑)。「平家物語」ではSPリーチにこのすべてが凝縮されていると思えばいい。

 アナ ゲーム性は転落タイプですね。

 解説委員 これは確かにちょっと変わっている。というのも一般的な転落タイプだと電サポには入っているが、確変か通常かわからない、というものが多い。この機種は大当たり後に必ず確変に入るが、通常時は3回に1回の割合でしか電サポに入らないんだ。

 アナ 電サポに入らなくても必ず確変潜伏状態になるけど、それがいつまで続くかわからない、ということですよね。だったらヤメられないじゃないですか。

 解説委員 実は「SPリーチがハズれた時にしか転落しない」というルールがあるんだ。一方で「SPリーチがハズれても必ず転落するわけではない」。

 アナ 結局ヤメ時はわからないんですね(笑)。

 解説委員 そこが面白い、とも言える。ちなみに画面の左上に「SPリーチ発生大幅アップ中」と表示されている間は転落していないから、絶対にヤメちゃいけない。

 アナ 演出はシンプルで、大当たりのたびにドキドキできるゲーム性ですから、ついつい打っちゃいそうです。

 解説委員 あとは初代から受け継がれている曲もいい。中毒性があるから聴いてみてほしいね。

 アナ 大当たり確率も手頃で遊びやすそうです。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴  設定は3段階。全大当たりが確変だが、通常時の大当たりは67%が潜伏し、電サポ中の大当たりは必ず電サポ100回に突入する。電サポ100回消化時に転落していなかった場合は、潜伏確変となり通常モードへ戻る。転落確率も高いため、設定5でも50回転消化時に転落している確率は約63%ある。大当たり後の即ヤメは厳禁だが、かといって深追いする必要もない。