記事詳細

【PNN】6人の美少女と運命を書き換えよ! ラッシュ継続率83%、新枠「戦舞」も注目 西陣「P Rewrite」

★「P Rewrite」 西陣

 「P Rewrite」(西陣)は、恋愛アドベンチャーゲームをルーツとして、TVアニメ化もされた人気コンテンツの初めての遊技機化だ。スペックは最近多い“シンフォギアタイプ”だが、ラッシュの継続率は約83%(※2スペックとも)と本家よりも高い。本機種から投入される新枠「戦舞(せんぶ)」も注目を集める。枠自体に「スマホを置くための専用スペース」が用意されているところもユニークで新しい。設置開始は4月8日(月)から。

 アナ パチンコを打っていると「やり直したい…」って思うこと、ありますよね。

 解説委員 そんなのいつもだろう。結果が出た後だと「あそこでやめておけば」「あの台を打つべきだった」と言えるからなあ。

 アナ 「P Rewrite」はキャッチコピーが「…やり直すんだ。そして、次はうまくやる。」です。まさにパチンコファンの思いに応える機種なんじゃないでしょうか。

 解説委員 「Rewrite」というコンテンツは“運命を書き換える”という内容だから、そのように表現されているだけだが、それでもやっぱりやり直したくなることは多いな(笑)。

 アナ スペックはこれまた“シンフォギアタイプ”ですね。最近、大流行中の。

 解説委員 時短+保留内で大当たりを引こう、というタイプだな。本機種では3、7図柄での大当たりで「時短100回」となるため、その場合は実質的に次回大当たりが確定するというプラスアルファの要素もある。

 アナ 継続率も約83%と高めです。

 解説委員 新規則機だから出玉は少ないが、これだけの継続率があれば大連チャンも期待できる。

 アナ かわいい女の子たちが6人も出てくる美少女系の演出も楽しみのひとつですが、新枠も大きな特徴ですよね。

 解説委員 新枠の名前は「戦舞」。これまでの台枠「威吹」は2013年春からだから、実に6年も同じだった。あまりにも現在の台枠を見慣れてしまったから、“今風”の台枠になった本機種には逆に違和感を覚えるほどだ(笑)。

 アナ 上皿の右側にスマホを置くためのスペースがあるところに時代を感じます。

 解説委員 今までありそうだけどなかったし、多くの人にとって実用的だし、画期的なんじゃないかな。台枠上部に大きなパネルが付いているから、ホールでひと目で見つけられるのもいい。

 アナ 4月に入ってからの勝負は「P Rewrite」が良さそうです。もし負けても“やり直し”はできませんけど…。以上、PNNでした。

 ■スペックの特徴 6段階の設定付きで2スペックが同時リリース。両スペックともに初当たりのおよそ3回に2回はラッシュに突入し、ラッシュの継続率は約83%。新規則機でもあり、出玉はやや少なめだが、ラッシュの魅力を味わいやすいスペックと言える。初当たり後は時短1回転+保留4回転の間に小当たり(実質的には大当たり)を引ければラッシュ突入となる。

関連ニュース