記事詳細

【おやじ酒場】何本食べても飽きない串揚げ 「あげあげ」中井店 (2/2ページ)

 まずは「牛串」からいただきま~す。“二度付け禁止”のソースに絡めてサックっと…ウマい。ほんのり甘い自家製ソースは、リンゴの果肉ほかに、セロリ、ニンジン、玉ねぎ、ショウガも入り「何本食べても飽きない味付けにしています。キャベツにもよく合うでしょ」。売れ筋の串揚げは「半熟たまご」。トロリとした黄身にこの特製ソースが抜群の相性なのだ。

 酒は地酒(400円~)、地酒カップ(700円)に酎ハイ(400円~)など各種そろう。焼酎(400円~)は、芋・麦・米・蕎麦・黒糖・泡盛など40種類以上。さらっとしたのど越しの「山ねこ(宮崎)」に差し替える。一品料理も豊富で、気になる「一本チャーシュー」(900円、ハーフ480円)を注文。とろける柔らかさ2週間煮込んだご褒美の味。店のモットーは「毎日飲みにいける店」。うん、これでいいのだ!

 ほろ酔い予算2000円~

 ■東京都新宿区上落合2の19の7シャルムタナカ1F。03・6908・6556。営業17~翌2。年末年始休。

 ■高山和久 昭和の時代濃い酒場、うじうじと長っ尻できる居酒屋をこよなく愛す。お笑い系芸人を取材した後、今宵も東西南北の街でチョイと一杯、はしご酒~。

関連ニュース