記事詳細

【安達純子 健康寿命UP術】環境が変わるこの時期…「生活リズム」整えて心の病を防ごう! (1/2ページ)

 健康寿命を伸ばすためには、食生活の見直しや身体能力のキープとともに、それらを阻む心の病気にも注意が必要だ。

 鬱(うつ)病になると、「運動しなければならない」と思っても、体が思うように動かせない。気分は落ち込み、それが症状を後押しする。鬱病は早期段階での受診がなによりだが、そうならないために、心の健康を維持するにはどうすればよいのだろうか。

 「春になって異動などで環境が変わることを引き金に、ゴールデンウイークの休み明けに、鬱病になってしまう人がいます。その予防で最も重要なのが、生活リズムを崩さないことです」

 こう指摘するのは、NPO法人日本ブレインヘルス協会の古賀良彦理事長(杏林大学名誉教授)。鬱病などの精神疾患の診断・治療・研究なども長年行っている。

 異動による単身赴任などで、生活環境がガラリと変わることがある。たとえば、朝7時に目覚めて朝食を食べ出勤していた人が、朝6時に起きて朝食抜きで出勤すると…。新しい職場になじめればよいのだが、強いストレスを感じて疲れ果てる。夜はイライラして寝付けないので、アルコールの力を借りて就寝。週末は仕事の疲れを癒やすためにゴロゴロと布団の中で過ごす。こうした環境変化による悪循環が、心の健康を害するのだ。

 「生活リズムが変わると生体リズムも変わり、自律神経の働きやホルモン分泌などを乱します。生活環境の変化に伴うストレスも加味され、心の健康は損なわれます」

関連ニュース