記事詳細

【おとなの週末ワイン入門】飲めば広がる女性との“出会い” 料理との「相性」考える楽しみも (2/2ページ)

 ワインを知ることは食の楽しみでもある。

 「料理とワインの相性をマリアージュと言います。このワインにはどんな料理が合うかなと考えたり、料理に合わせてワインを選んだりするのも、ワインの楽しみの一つです」

 ちょっと難しそうに思えるが、例えば外食で日本酒を選ぶとき、甘口や辛口、純米酒や吟醸酒のことを知っていると、白身の刺し身なら辛口の純米酒がいいかなと考えるのと同じようなもの。より楽しむことができるというわけだ。

 まずは、実践あるのみ。いざワインを買いにと、売り場に行ったものの多種多様なワインが並んでいる。どれを選べばいいのか? 次回からはワインに親しむためのコツと知識をお伝えします。

 ■濱田知佐(はまだ・ちさ) 全日空・国際線客室乗務員の傍らソムリエの資格を取得。その後、田崎真也ワインサロン取締役支配人や食と酒に関するセミナーなどで活動。チーズプロフェッショナル、日本酒の利き酒師、焼酎アドバイザー、野菜や水のソムリエなど多くの資格を持つ。

関連ニュース